鹿教湯温泉/三水館(長野県上田市)〜料理編

JUGEMテーマ:最高の美宿(温泉宿) 

3〜4月の「草鍋」は、文字通り山菜で鍋が緑一色に染まる鍋。地鶏も入り、決して野菜オンリーの鍋ではないからご安心を。またたっぷりの野菜に負けず、信州牛や地場産の「シナノユキマス」など魚もしっかり味わえる。見た目はフツーの料理でも、味わってみると驚くほど美味。それが、この宿の料理だ。


■お着きのお菓子
宿について最初に出される菓子を見ると、その宿のこだわりがわかる。ここでは春イチゴ、夏ブルーベリーというフルーツを乗せたタルトが出された。つくりおきできないデザートであり、ケーキというのも意表を突く。

■食事
客室は2階だが、食事処は1階にある。畳敷きの広間は壁際に器などが飾られていて、販売もするギャラリーになっている。窓越しの緑を眺めつつ、ボリュームと愛情たっぷりの料理をいただく。デザートはほの暗いパブリックスペースでゆったりといただける。
朝食は夕食に比べると特に印象深いものではないけれど、地元信州の素材を使った料理が並ぶ。


■みやげもん
宿で使う作家ものの器などは置いてあるが、食品やいわゆるみやげもんらしい郷土菓子などは売っていない。鹿教湯はさびれた風情の温泉街で、特に三水館のあるあたりからバス停までは何もないため、ここでみやげものを買うなら少し時間をとって川沿いに温泉街中心まで歩く必要がある。
駅には信州の名産品が揃うので、そこで調達したほうが便利かもしれない。
 



名宿にも負けない素晴らしい料理が楽しめる温泉宿
鹿教湯温泉 三水館(かけゆおんせん さんすいかん)

長野県上田市西内1866-2
TEL:0268-44-2731
温泉は循環

三水館の施設編記事はコチラ
◎関連するブログ記事→ 2006年夏2008年春


鹿教湯温泉/三水館(長野県上田市)〜施設編

JUGEMテーマ:最高の美宿(温泉宿)

松本、または上田駅からバスで約40分。首都圏からならそう遠くない里山にたたずむ、古民家と蔵を移築再生した大変おもむきのある温泉宿。離れの蔵を入れても全7室だが、大変ゆったりとした造り。
スリッパはなく、素足で歩く板の間が気持ちいい。冬場は全館床暖房が入るので寒さの心配は無用。大きなテーブルのあるパブリックスペースは器などのギャラリーも兼ね、カフェ代わりにもなっている。これとは別に畳敷きの広間があり、こちらで食事をとる。


■客室について
一人客も平日なら快く受け入れてくれる宿。洗面スペースのついた一番小さな和室は、ふたりで泊まるにはも十分。お着きのお菓子は、手造りのタルトなどが出る。部屋食ではないので、仲居さんに世話を焼いてもらうことはあまりなく、食事どきに布団を敷いてもらうくらい。
周囲には緑しかないので、どの部屋からも、がっかりするような眺めになることはないと思う。やや清掃の気になる点はあるけれど、よく整えられており座イスひとつにも非常にこだわりのある良いものを選んでいる。


■温泉について
残念ながらかけ流しではないが、24時間入れる内湯と露天が気持ちいい。透明な湯でにおいもくせもなく、湯温も適度。夜8時に男女を入れ替えるので、ふたつの湯を楽しめる。ただ、家族風呂はないのでカップルで入ることはできない。
パブリックスペースから渡り廊下で温泉棟に行く際、おいてある下駄に履き替える。温泉棟は目の前で離れてはいないが、寒いときなどはやや面倒かもしれない。アメニティやタオル等は簡素。部屋から持っていく。
 


名宿にも負けない素晴らしい料理が楽しめる温泉宿
鹿教湯温泉 三水館(かけゆおんせん さんすいかん)

長野県上田市西内1866-2
TEL:0268-44-2731
温泉は循環

◎三水館の料理編記事はコチラ
◎関連するブログ記事→ 2006年夏2008年春


| 1/1PAGES |

新 着 記 事

カテゴリー

月ごとの記事を一度にチェック★

プロフィール

ケータイでもチェック☆

qrcode